Table of Contents:
  • 目次
  • 第一章 華嚴經の成立
  • 第二章 華嚴經の結構と根本思想
  • 第三章 龍樹の敎學と華嚴思想
  • 第四章 世親の唯心敎學の立場と發展
  • 第五章 印度諸論師と華嚴經
  • 第六章 華嚴經譯出前後の研究と十地經論の飜譯
  • 第七章 南北二道の分流と消長
  • 第八章 南道地論系の思想
  • 第九章 攝論學派の思想
  • 第十章 起信論研究の經過
  • 第十一章 法順と華嚴經の觀門的組織
  • 第十二章 智儼の敎學とその傳統
  • 第十三章 元暁及び義湘とその門流
  • 第十四章 季通玄の思想と華嚴經組織論
  • 第十五章 法藏と華嚴敎學の成立
  • 第十六章 慧苑及び文超の學說
  • 第十七章 澄觀の敎學に於ける體系と展開
  • 第十八章 宗密と敎禪一致論の體系
  • 第十九章 二水四家の思想とその前後
  • 第二十章 文才の思想と普瑞の集成
  • 第二十一章 袾宏・德淸・智旭に見る華嚴思想
  • 第二十二章 續法の敎判論と彭際淸及び永光の思想
  • 第二十三章 審祥の開講と敎學の傳承
  • 第二十四章 尊玄の思想と宗性の集錄
  • 第二十五章 高辨の思想とその學派
  • 第二十六章 凝然の敎學とその學系
  • 第二十七章 湛睿の敎學とその系統
  • 第二十八章 志玉の思想とその後の祖述
  • 第二十九章 僧濬の組織と普寂の解釋
  • 第三十章 經歷の批判と芳英・秀存の講說
  • 索引