中等数学科教育法Ⅰ : 数学 前期 火1・2

まず,小学校算数科,中学校数学科,高等学校数学科のカリキュラムや教科目標の系統性について俯瞰的に考察する。次に,背景となる学問領域に関わる「数と式」「図形」「関数」「データの活用」の各領域について,教材や数学史等の話題を取り上げて,教材研究への活用や指導上の留意点について考察する。続いて,学習指導を意識した学習評価の在り方,情報機器の活用について触れた上で,授業作りの視点について検討する。

Saved in:
Bibliographic Details
Format: Syllabus Course
Main Author: 熊倉 啓之
Summary:まず,小学校算数科,中学校数学科,高等学校数学科のカリキュラムや教科目標の系統性について俯瞰的に考察する。次に,背景となる学問領域に関わる「数と式」「図形」「関数」「データの活用」の各領域について,教材や数学史等の話題を取り上げて,教材研究への活用や指導上の留意点について考察する。続いて,学習指導を意識した学習評価の在り方,情報機器の活用について触れた上で,授業作りの視点について検討する。
Subjects:
Notes:2020年度 教育学部 [ED-B]

No items to display.